ルクの股関節形成不全・記録ページ。その後編G 2006/1〜
Menu へ
←その後編F
その後編H→
CHDトップへ


  悩 2006/1/17


なんだかんだと膀胱炎になりそう…の状態を繰り返し
なんとか今日まで病院にかからずに済んでます。
やっぱりなりやすいみたいですね。
まだちょっとPH高めです。
減らしていたサプリも様子を見つつ増やしてます。
体重自体も減っているようなので体力面でも少し考えねば。

さてさて。
実は兼ねてから思い悩んでいる事がありまして。

それはですね、数ヶ月前から「前足が太くなった」のでは!?という事でした。

足が太いのは良いことなのです。
でも、、、

股関節が悪い子と生活していらっしゃる飼い主さんは「はっ」と思われたかもしれません。
そう。
そうなんです。
前足が太くなると言う事は、後ろ足を使ってないのでは?という疑惑につながるのです。
痛いとか、違和感があるとか。
何かしらの「コト」があるので 前足が太くなったのでは?という疑惑。
とても怖い話です…。

今日、お友達の皆さんに触っていただいて、その疑惑はほぼ取れました。
私は後ろ足を触りすぎていてもう冷静な判断が出来なくなってるんですよね(汗

でも。
ジャンプやダッシュした時につく筋肉。
歩きでつく筋肉。

触って、その筋肉の場所を教えていただきました。
歩き散歩重視にしていると思っていたのに
ルクはその場所には、それほどついてなかったようです。
(股関節の獣医さんにももっと筋肉つくから、と言われています)
夏の泳ぎでついた筋肉はすべてジャンプ&ダッシュでつく場所の筋肉でした。
まぁ、それはなんとなく納得です。
もっと歩き散歩頑張ろうー!

もしかしたら筋肉がつきにくいのかもね…。
そうゆう体質なのかな。
だったらそれをカバーする努力をせねば。
ねっ

  久々PHチェック 2006/2/28


久々にPHのチェックしてみました。
最近は落ち着いているように見えますが
時々 砂肝とかをあげたりしているので
ちょっと気になってまして〜。

さてさて。
PHは6.0ぐらい。
大丈夫でした。よかった。
ちょっとおしっこの色が濃いように見えたのでちょっと気になったんですが
大丈夫みたいです。ほっ。


  久々病院 2006/3/10


大丈夫だと思っていたのに、また結晶が出来てました。
出来始め、という感じみたいです。
結晶を溶かし、ペーハーを低くするヒルズの缶詰 で一週間。
その後に再びの尿検査っす。

ヒルズの缶詰…あんまり使いたくないなぁ。
でも今回は薬は使わないようにしましょうとの事で。
一日に一缶半。
1回に七分目って事ですが、半分(五分)+ フードをちょっと混ぜようかなと。
あんまりにもタンパク質が低いんですよね。
祖蛋白 2.0%
びっくりな数字。
肉類はほとんど入ってないので食べない子もいるらしい。
その時はフードと混ぜてもよいとの事。

ちなみにルクさんは〜。
目新しいものなので喜んで食ってました<アホ


今、トップページにもCL病で亡くなったさくらちゃんの事を書いていますが
ちょうど院長先生だったので ブルーくんのことも合わせて伝えておきました。
CLの子に先生達が直接関わることはないかもしれませんが
やっぱり知っておいていただきたいのでね。
ちなみに、私はこうゆう話を獣医さんとします。
実際に関わる人たちの耳に入ってこない話だって沢山ありますからね〜。
ホント、うっとおしい飼い主だよねぇ〜。しみじみ。

んでもって。
それから少々、日本の繁殖の話になったりして〜。
気が付いたら待合室がいっぱいになってました(汗


  再検査 2006/3/17


検査結果は PH5.5
結晶もなくなっていました。
3週間ほどフードに戻してまた尿検査することになりました。

最近、時々砂肝とかもあげていたんですよね。
それが原因かどうかはともかく、
ちょっと おやつも控えて行こうと思います。

本当の検査結果を得るためには、フードのみにしないとダメなんだろうな。


で。
ルクの原因を突き止めるには
手作り食で一品だけの食事を与えて その尿検査の結果を取るという
実に地道な方法を取るのが一番だろうという事でした。
うーーーん。。。


  うっかり… 2006/3/18


今日はルイルイパーティでした。
レトリーブがありまして、ディスクでやりました。
ボールで滑り込むよりはいいかと思ったんです。

が。
最近、ルクと一対一でまったくやってなかったので
私が投げられませんでした。

それはまぁ別によいのですよ。
どんなへなちょこスローでも走れたらルクは嬉しいんで<単純バカでよかった
(ただし、へなちょこすぎて結局滑り込んでましたが…)

楽しければいいや〜と投げたんですが…。
忘れてました。低いスローを心がけることを…。
それに後で気づいてちょっと凹みました。
一時期、低いスローを集中してやっていた時があって
もちろんジャンプをさせないためなんですが
そんな事をすっかりと忘れていました。

飼い主として情けないなぁ…。


ちょっと話は変わって。
偶然の出会いからお知り合いになりまして
私好みのキレイなボーダーがいるんですが
痛みが出てしまっている子で。
この前会ったのは秋のルイルイ。

その時は、歩く姿を見るだけでも辛いぐらいの状態でした。
痛みが出た後で筋肉もごっそりと落ちている時だったようで…。
でも、でも!それがすっかり落ち着いていて!
筋肉も あぁこれなら支えられるよ〜!って言う感じで(表現能力がしょぼくて申し訳ない
あれ?あれ??って、何度も確認してしまいました。
これはかなり嬉しかったです!

が、逆に。
この子達は痛みが出てうまく使えなくなると
あんなにも筋肉が落ちてしまう。

例えばそれがCHDの痛みによるものではなくて
ただの捻挫だったとしても。
ルクのようにCHDの子は、それが悪いきっかけになる事もあるのではと
考えてしまいました。

無理せず。
長〜くゆっくりと。
確実に。

ね。


  ディスクミニ大会 その後 2006/3/21


初めて大会に参加しました〜。
こう言っては何ですが。
(真剣に頑張っている方もいらっしゃると思うので)
楽しめたらいいや〜という気持ちで行ってました。

こうゆう場所に釣りオジサン(旦那)を連れて行くと
何かと揉めるので、本当は連れて行きたくなかったのですが
行くというので一緒に行きました。

で、やっぱり想像通り。
楽しくやりたい私と、本気でやりたい釣りオジサン。
意見が合うはずがありません。

まず、ボール。
いつも使っているボールを持って行ってました(というかカバンにそれが入っていた
中に空気が入っていて、バウンドしないし軽くて柔らかいので
普段使いに重宝してます。
でも 軽いので距離が伸びません。

やる前からそれを指摘されまして。
友達に別のボールを借りて出ました。


途中のディスクの投げ方講習で、釣りオジサンが受講しました。
嫌な予感。
こうゆうのに参加すると、やたらと気分が燃えるようで
やりたがる傾向にある。

家に着く直前、珍しく自分から ルクの散歩を言い出して
そのまま公園で散歩となりました。
ディスク、ボールを持っていくと無理にやるのは目に見えているので
遊び道具は車に残したままで 歩きだけの散歩にすると宣言。
なんとかやりすごせました。


ルクはボールやディスクが大好きだし、手元まで持ってくる。
人間さえうまくやれば そこそこは出来るタイプだと思う。
させてみたいのは分かる。
けど、足にリスクがかかることはさせたくない。
なんでそれが分からないのか。

「ルクは出来るから」
これがまた私の神経を逆なでする。

ルクは最初からボールが好きだったわけでもなく(齧るのは好きでしたが)
レトリーブだって全然出来なくて、持ってこない子でした。
それを仕込んだのは私だ。

まるで当たり前のように、言うけど
今のルクがあるのは私がいたからだ。
何もしないくせに
遊びだけ、しかも自分の都合のよい時だけやろうとするのだけは信じられない。

私だって 毎日ルクが満足するまで
ボールやディスクをさせてあげたい!!!

出来るなら、
それが出来るなら!

当たり前だろうが!!


  いきなりのペーハー上昇 2006/3/28


なんでかよく分からないんですが、
昨晩おしっこのPHが急に上がりまして。
焦りました。
テストペーパーも真っ青になって(アルカリ性が強くなればなるほど青くなる)
マジでびびりました。
PHは 8を越えていたと思います。
おしっこ周りも汚かったので洗いました。
その後、しばらくあげてなかったクランベリーのサプリをお水と共に〜。

今日はそのおかげなのか落ち着いているみたいでよかった。
留守番後のPHは6.5ぐらいでした。
数日気をつけてみないと。




←その後編F
その後編H→
CHDトップへ
Menu へ


 

inserted by FC2 system