ルクの股関節形成不全・記録ページ。その後編B 2005/4〜
Menu へ
←その後編A
その後編C→
CHDトップへ


    決裂 2005/4/3


ディスクをしたがる旦那。
ルクに適当に投げられるよりは、と 投げ練をするのは特に気にせずに見ていました。

二人とも家にいた日曜日。
車で近所の芝生公園へ散歩。
「ディスクは?」と聞かれ
「持って来ていない、車の中にならある」と答えました。
さらに「今ないの?」と聞くので
「水飲み用に入れているボロボロのならある。 
 投げる練習ならいいけど 口切るし、ルクにはやめて」
そう言った途端、急に顔が曇りました。
「なんでお前はそうなんだ?」

そう言われた私も逆に聞いた「なんでアンタはそうなの?」
「ディスク、ディスク、ディスク。なぜ負担がかかるディスクばかりしようとする?」


ここから止まらなくなりました。

今まで不思議に思っていた事。
なんで分かっていると思っていたのに、そうゆう事ばかりするのか。
私には理解できない事を聞いた。

ルクの手術の時を忘れたわけじゃないと言う。
私は心配しすぎでそんなに変な事なんてあるわけないと言う。
悪い情報ばかりを耳にしすぎておかしすぎると言う。

確かに私はルクの足には かなり神経質になっている。
認める。
自分でも思う。
でもそれは仕方のない事。
予防手術をして「治った」けど、保証があるわけではない。
そうでしょう?

私は思っていた。
なんだかんだ言ってもルクの辛かった時を知っている人だから
考えてくれているのだろうと。
だから 事ある後とに 私は説明した。
ルクの状態を考えて、、、
コレはやめよう、コレは避けよう、コレは制限しよう、コレは様子を見ながらにしよう。

でも今日ではっきり分かった。
もうあなたには説明しない。
しても分からないから。
これからは ただ、ダメだと言う。
私が許さない。

ここで終わった。平行線の話し合い。

--------------------------------------------------

私は足に関しては神経質だ。
「治った」股関節だけではなく
前足も完全正常ではないと分かっているからなのもある。

手術して、確かにルクは自由に走っても変形する危険性、脱臼する危険性はほとんどなくなった。
でもね。でもね。
なんでそんな事が言える?
ルクだけはこのまま一生動けると、なぜ言える?
考えた運動、食事、そうゆうのを続けているならまだしも
なぜ ルクだけは大丈夫だと、何もしてないアナタなのに その自信はどこから来る?

それが私には理解不能だ。


私がルクの足の異常に気づいた時もそうだった。
「悪い情報ばかり見すぎだ、股関節形成不全なんてそんなにあるわけない。」
そう言ったのを覚えているのか?
私の不安を否定したのを覚えているのか?
そして結果はどうだった?

 結果はどうだった!?
 ねぇ!?
 どうだった!!


なぜ 何もしなくても「ルクは大丈夫」だと言えるのか私には分からない。
その私の考えが分からないというならば
もう あなたとの考えが交わる事は、ない。


    嬉しい事 2005/4/6


よく遊んでくれるボーお友達の中で、
しょっちゅう「ルクちゃん、筋肉質になりましたね〜」と
しみじみ言ってくれる人がいる。

私が一番嬉しい言葉。


足の太さはなかなか変わらなくて(そりゃそうかな)
前足だけ少し太くなった感じがする。
前足だけ、となると 後ろ足をかばっているのでは??
とドキドキしてしまうけれど
後ろ足もじっくり触ると硬さが更にアップしていた。


この前も「また筋肉質になりました?」と言ってくれた。
いつもしみじみと言ってくれる。

何よりも嬉しい言葉。
女の子だけど、目指せ「レッツ☆筋肉ムキムキ」だもんね。
ありがとう。
彼女の言葉にいつも感謝して、そして私は落ち着くのです。


    ムキムキ〜 2005/4/11


ゴロンと寝転がっているルクの足をニギニギとしてみる。
いつもモドキマッサージで触るのは後ろ足の胴体の付け根に近い部分で
膝のあたりなどをじっくり触ることはなかった。

全体的にしっかりとして来た。
それが実感できた。
筋肉バンザイ、ムキムキバンザイ!

そういえば近所の病院の院長先生に、
手術前に「しっかりと触って今の足を覚えておいて。」と言われて
その時は 絶対に忘れないぞ、と触っていたのにそれをすっかり忘れている事に気付いた。
いつも比較対照は 手術後の細くなってしまった足で
それ以前の事はもう覚えてない。
手術の事もその後の事も、だんだんとぼんやりとしてくる。
時間って本当に不思議だ。

でもルクは覚えている。
手術後から極端に診察室に入るのを、、、特に診察台に上がるのを嫌がる。
怯えるような姿を見ると精神的な傷は深かったのだと思う。
これは変わる事はないかもしれないけど、
体は変わって行くよ。
もうあんな思いしないようにしようね。

いつまでもムキムキでいようっ!


    成長 2005/4/17


三週間ぶりぐらいに仲良しのデプレくんと会った。
デプレくんは親戚さんの一歳半ぐらいの男の子。
体重には3kgぐらいの差があって、体はデプレくんの方がひと回り大きかった。

久しぶりに会った ルクとデプレくん。
同じ大きさになっている…。
びっくりした。
確かに最近、重いし
ダッコすると妙に腰にきて辛いなーと思っていたところだった。

二歳間近のルク。
こんなに成長するもんなんだね〜。
本当にびっくりしたよ。

体はここ最近またぐぐっと絞れて来て、ぷよぷよ感がほとんどない。
競技をしているわけではないので そこまで絞るつもりはなかったのだけれども
かなりいい体型になっている。
多分、一歳前(CHD発覚前)の時よりもいい体つきだと思う。
こんなにぷよぷよした感じがなくなったのは初めてだ。
相変わらずアンポンタンな締まりのない顔だけど
男の子っぽくなったなーとも思う。
避妊しているから、徐々にこうゆうのもあるのかな?
最近 よい感じのルク。
でも悩みは体重。
15kg越えないようにするのは 難しくないだろうと思っていたけど
ちょっとギリギリかも…。


    座り込み 2005/4/20


いつものように仕事からの帰宅後、ルクをサークルから出した。
サークル内のコングなどを片付けていたら
「ドスン」
ぱっとルクを見るとぺったり座っている。

え?何??

…気のせいだ。
そう思った。

日中降っていた雨が止んでいて 再び ぽつぽつと降り始めていた。
車に乗せて芝生の公園に行って、その後 買い物して帰ろうと思い
車に乗せる前に ルクにウンニョを促す。

ペタン。
今度は見てしまった…。
変な腰の落とし方。
でもお尻が痒いようにも見える。

不安になりながらもその後、ウンニョを終えたルクを連れて 公園へ。
歩き方を見てみる。
大丈夫そうだ、 と 思った瞬間 ペタン。
すぐに立ち上がって、歩き 再び ペタン。

分からない。足なのか、お尻なのか。
ウンニョ後で(たまにロープとか毛とかがあったりする)気持ち悪いのかもしれないと
お尻を見てみるけど 何もない。
肛門腺がたまっているような匂いもない。

ひとまず車の方へ戻ろうと歩く。
またまた ペタン。
ちょっと歩いて ペタン。

雨も強くなってきて 排泄だけの散歩(夜は二回のウンニョをします)
車に戻ってルクを乗せて買い物へ。
ルクは車の中でお留守番。
買い物を終えて車に戻ると、雨は止んでいた。

どうする?どうする??


悩んだけど、リードなしでの歩行を見たくて再び公園へ。
広場に行くまでの短い距離では座り込みなし。
広場でリードを外してやると くんくん匂い嗅ぎでウロウロ(雨の日はよく匂います。
普通だ、と思う。
歩いて行ってしまって(離れても平気な子です)私との距離が離れた。
それに気付いて、えへえへと走って戻って来た。

呼んでもない、自主的に走って来た。
痛くはないんだろうか?
なんでもなかったんだろうか?
思わず「足、痛くない?大丈夫?」と聞くと
顔をペロペロ、えへへの笑顔。

大丈夫、なのかな?

足じゃなくて お尻、かな?

留守番の時に長時間寝ていたから、かな?

こんな事があるだけで すごく緊張してしまう…。
最近よい体つきになってきたと喜んでいただけに一気に血の気が引く思いだった。
肛門腺がたまっているのなら ある事だけど
そうではないので余計に気になる。
なんともないならいい。
それならばいい。

真相は分かりません。


    ナシ 2005/4/21


今朝の散歩、座り込みナシ。

ほっ。

夜の散歩、夜中の散歩 共に大丈夫でした。


どうやら大丈夫そうです。
だからこそ書けるのだけれども…。

実は昨日の夜中散歩に 一回座り込みをしたのです。
夜中散歩自体を行こうかどうしようか悩みましたが、
家の中でスイッチが入られたら困るという気持ちもあり、
元気が有り余っているので行きました。
テクテク歩き散歩のみです。
座り込みの後、顔はいつものえへへ顔で、自分で立ち上がりました。

座り込みで足が原因の場合、24時間以内の事を疑って下さいと言われていました。
座り込みをした前日は どちらかと言えば散歩は少ない方です。
足ではない、と そう思う事にします。


    成長痛? 2005/4/22


ルクの座り込みの事を心配して下さっているKさまから
連絡を頂きました(ありがとうございます。うるうる。

その前の急激な成長を考えて、成長痛の可能性はないですか?、と。

思ってもみなかった事です。
人間にあるのであれば、ワンコにあってもおかしくありません。
ちょっと調べてみたら やっぱりワンコにもあるようです。
(前足に症状が出る事が多いみたいです)
ルクがどうかは分からないのですが、
可能性がないこともないかな、と思います。
再度 症状が出るようなら病院へ行くことにします〜

成長痛。
 骨の成長に、筋肉や腱の成長が伴わずに筋肉が引っ張られた状態で発する痛み。
 骨、関節、筋肉が未完成であるのに活発に動き、その疲れがたまる。
大体この二つが主に原因として書かれているようです<人間の子供の場合
基本的には、ほおっておいていいらしいです。


    アジリティ体験会 2005/4/27


ご心配頂いている皆様、ありがとうございます。
その後 ルクに変わった事はありません。
でもこっそり 帰省を控えて、痛み止めを持って行く準備をしています。
念のために、ね。


まったりボーダーになるかと思いきや。
興奮っ子のルク。
ボールへの集中力は素晴らしく、左右への動きも早い。
その集中力を他に生かせないのかと常々思っています。

先日 ルクをアジリティ体験会へ。
本当に初心者の体験会で、アジリティというよりは
アジの道具を使って遊びましょう〜というノリでした。
(本格的な体験会であれば参加を見合わせたでしょう)

キラキラ。
キラキラ。
キラキラの笑顔。

こうゆうものは性に合っているのだなと、実感しました。
おやつでつるように言われましたが それは最初だけ。
要領が分かると、おやつ関係なくその道具をこなす事が嬉しいようでした。
他の子がやっているのをじっと見ている時は、吠えて「やりたいやりたい」とワガママ。
ディスクの時もそうだったので やっぱりな、という感じでした。

楽しい事を思う存分やれたらいいね。
他の事でもルクが楽しいと思える事を沢山見つけないとね。


    水遊び 2005/5/14


夏は犬にとって厳しい季節。
ルクが我が家に来たのは8月中半で、それなりに暑かったけど
まだパピパピで暑さよりも元気いっぱいだった。
その次の年の夏は手術。
日々の生活をこなすだけで精一杯だった。

改めて思うと、夏はどうやって過ごすんだろう??
思わずワン友達に聞いてみたりした(苦笑

暑くなったらコレ。水遊び!ですよねっ!!
涼しいし、何よりも筋肉アップになる。
で、長い前置きになりましたが、今年の初泳ぎに行ってきました〜。
と言っても去年も一度泳いだだけで ルクの犬生で二度目の泳ぎです。

やっぱり最初はためらっていましたが、他の子達が楽しそうにためらいなく水に入っているのと
ボール大好きパワーとで、しばらくすると入って行きました!
結構 上手に泳いでいます。

ボール水遊びはとってもいい。
滑り込む事もジャンプする事もない。
今年の夏は 水遊びを沢山させてあげることにします(^^)

    ボール遊び 2005/5/19


昨日 歯を抜いてかなり調子が悪いので
昨日の晩と今朝と、歩きよりもボール遊び中心の散歩になった。
朝からボールが出る事は珍しくてルクは大喜び〜。
ホントに、ホントに、好きだよね。

最近はいつも決まったボールで遊ぶ。
穴が開いてしまっているのだが、
噛むと柔らかくてそれがまたいいらしい。
一回ちょうどいい高さにバウンドするように うまく投げると 
滑り込まずにジャンプもせずに、追いかけて取る事ができる。

うーん。これが毎回投げれたらいいんだけどな(^^;



←その後編A
その後編C→
CHDトップへ
Menu へ


 

inserted by FC2 system